会社情報

海外関連会社

会社概要

SEAVAC USA ではPVDコーティングと、それに伴う各種前・後処理(WPC、ラップ)などのサービスをご提供しております。窒化処理については協力会社にて対応可能です。アメリカはインディアナ州に事業所があり、受託コーティングサービスを展開しております。日本人赴任者による日本語対応、アメリカ人従業員による英語対応など、お客様のご要望に合わせて柔軟な対応が出来るサービスをご提供しております。現在はインディアナ州を拠点とした集配サービスなども行っており、特に金型などは梱包の手間を省きスムーズな受け入れ態勢を構築しております。

膜種紹介

ZERO-I

S-PVDやTiAlNの利点を活かし、更なる高硬度、高耐熱性を追求して生まれたのがZERO-I(ゼロワン)コーティング。お客様からの強いご要望により米国でも処理開始。

TiN

PVDコーティングの中で最もスタンダードなのがTiNコーティングです。耐摩耗性を活かして鉄鋼系材料の切削工具やカッター、樹脂成型金型、工業用部品、装飾品に加え、チタンの特性を活かして人工骨など人体に触れるものにも採用されています。

S-PVD

TiNの耐衝撃性、耐摩耗性をさらに向上させた金型部品向けの当社ヒット商品です。高硬度と厚膜化を両立させ、金型の長寿命、高面圧に対応します。

TiAlN

TiNにAlを加えることで、より耐摩耗性・耐熱性を向上させたコーティングです。700℃を超える使用環境下では摩擦熱によりAl成分と酸素が結合し、最表層に強固なAl2O3が生成され、さらなる寿命向上に寄与します。

TH

優れた耐酸化性と高硬度化を実現し、超硬切削工具との組み合わせにより焼入れ鋼、高硬度鋼などの高速切削に効果を発揮します。三菱日立ツール 米国特許6586122B2 を使用中です。

米国で選ばれる理由

SEAVAC USA はインディアナ州のフォートウェインに事務所を構え、日本で培った知識と経験を活かし、日系の顧客は元より多くの米系の顧客にもご利用頂いています。

SEAVAC USA には日本人駐在者と現地採用の従業員が居り、日本語と英語でのコミュニケーションが可能です。
また日本人ならではのきめ細やかなサービスと、現地従業員へのトレーニングも含めて、日本と遜色のないサービスを米国でも提供していることが、多くのお客様に選ばれる理由となっています。

SEAVAC USAでは全ての工程を自社内で管理・対応しておりますので、納期に対して迅速かつ柔軟な対応を可能としております。現場作業者も日本人の熟練スタッフと現地採用の熟練スタッフが揃っていて、お客様のコーティングに関する様々なご要望へ対応出来る体制が出来ています。それらも米国にて選ばれる理由となっています。

経営・営業・技術と柔軟性に富んでおり、日本ならではのサービス力、米国ならではの機動力を持って、SEAVAC USAは米国でトップクラスのコーティング会社を目指しています。

メンバー紹介

井本(COO)
SEAVAC USAの事業展開を担っている。2019年1月に赴任。
佐脇(Technical Advisor)
SEAVACで長年技術職を勤め上げ、装置を含めた技術的な内容に関して豊富な知見を有している。
Nate(General Manager)
立上げ当初のメンバーの一人。営業職を経て現在は現場の取り纏めを行っている。
太田(Sales Director)
営業とマーケティングを担当。
日本で技術と営業に従事。2014年4月赴任。
クイン(Office Manager)
立上げ当初のメンバーの一人。長年の経験を活かし社内営業や経理などを担当。
清水(Senior Manager)
生産および品質管理担当。
日本で長年技術と営業に従事。2018年10月赴任。
Kris
SEAVAC 製品の受け入れや出荷前後の処理・検査を担当。
Elizabeth
受入れや各種事務、集配などを担当。
Christopher
製品の受け入れや出荷前後の処理・検査を担当。
Jose
製品の受け入れや出荷前後の処理・検査を担当。
Joe
2019年1月に参加、Assistant Sales Manager