会社沿革

会社沿革

1949年 清水春義により清水電設工業所を設立
1958年 法人組織に改め、清水電設工業株式会社とする
1960年 軽合金熱処理が防衛庁の検定に合格、
メッシュベルト式連続熱処理装置の独自開発
1974年 清水政義 代表取締役に就任
1975年 真空炉を設置
1976年 真空熱処理装置自社開発
1980年 資本金3,000万円に増資
1981年 米国SCI社とCVD表面硬化処理装置で技術提携
1982年 CVD表面硬化装置設置、加工部設立
1983年 京都工場にて受託加工を開始
1984年 (株)神戸製鋼所と低温CVD装置を共同開発
1985年 プラズマ・アーク・イオン方式
PVDコーティング装置導入
1986年 浅井産業株式会社とCVD・PVD処理受託加工で業務提携
1987年 米国VFS社と真空炉の販売代理店契約締結
1988年 社団法人発明協会より「真空熱処理炉」の発明奨励賞を受賞
1993年 米国ダラスに現地法人 JSK Hi-Tech Inc 設立
1995年 小牧工場設立
1999年 阪神モノづくりリーディングカンパニーの認証を受ける
2000年 長矢 二郎 代表取締役に就任
ISO9001:1994取得(SEAVAC(USA)L.L.Cは除く)
2002年 仙台工場設立
2004年 SEAVAC(USA)L.L.C.
米国インディアナ州フォートウェイン市に設立
2005年 清水 政義 代表取締役に就任
京都新社屋取得
2006年 仙台工場移転
2007年 資本金を6,300万円に増資
2008年 9月 創立50周年
12月 熱処理装置部門をIpsen株式会社へ売却
2009年 ISO9001:2008 取得(SEAVAC(USA)L.L.Cは除く)
2010年 4月 清水 博之 代表取締役に就任
2013年 11月:九州営業所を設立
2015年 4月:九州営業所を閉鎖し九州工場を設立
2015年 9月:エコアクション21 取得
2017年 9月:ISO9001:2015 取得(SEAVAC(USA)L.L.Cは除く)
2018年 4月:CVD表面処理業務を停止
2019年 4月:清水電設工業株式会社から『SEAVAC株式会社』 社名変更